予防歯科

予防歯科とは

photo_01

歯が抜けてしまう原因はさまざまですが、特に多いのは虫歯と歯周病です。

これらの病気は細菌感染によって起こることがわかっているため、予防することが可能です。

しかし、日本では未だに虫歯や歯周病で歯を失う方が絶えず、平均して80歳の時点でわずか8本程度しか歯が残っていないのが現状です。

一方、歯の定期検診が一般的に行われ予防の意識も高い欧米では、80歳を超えても平均20本以上の歯が残っているのです。

80歳で20本の歯を残すためには日々のお手入れと定期的なメンテナンスが非常に重要です。口の中の健康を保っていくために、定期的に歯のメインテナンスに通院してもらうシステムが予防歯科です。むし歯になる前に定期的にメンテナンスを行うことで歯の様々な疾患を予防し、健康な歯を維持していきましょう。

PMTC

歯科医院の技術と器材で数種類の洗浄剤や研磨材を使い、歯の表面の着色もふくめ、 お口の中を徹底的に衛生士がクリーニングする施術で、こどもから大人までできる最新のむし歯・歯周病予防法と言われております。

毎日の歯みがきや、スケーリング(歯石取り)では取り除くことができないバイオフィルム(むし歯や歯周病の元となる細菌)を除去することができます。

PMTCの効果

  • タバコやコーヒーなどの着色を綺麗に取り除き光沢のあるキレイな歯に。
  • 歯の表面を綺麗に研磨する事で歯石がつきにくくなります。
  • 口の中が清潔になる事で口臭予防にも効果的です。
  • 定期的なPMTCを行う事で虫歯や歯周病を防ぐことが出来ます。
  • 高濃度フッ素で、歯質を強化。ますます虫歯になりにくい歯に。
  • むし歯や歯周病の原因とされるバイオフィルムを除去
  • 歯の表面がツルツルになり爽快です。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効率的に取り込むことが出来ます。

1.歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
2.脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
3.フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさけます。(たまったつばは吐き出してください。)

フッ素塗布後の注意

フッ素塗布は、歯をむし歯になりにくくするためのものです。但し、フッ素塗布を行ったからといってむし歯にならないとは限りません。フッ素は万能な特効薬ではなく、予防措置の一つであることを忘れないで下さい。 また、フッ素塗布後は、次のことに注意して下さい。

  • 塗布後、最低30分間は、うがいや飲食をひかえてください。
  • 年に2,3回定期的にフッ素塗布を行うようにしましょう。
  • 歯ブラシなどによるブラッシングケアーを忘れずに!!

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気?

CMなどでよく聞く歯周病、あなたは本当にどういう病気かご存じですか?

歯周病とは簡単に言うと、歯を支えている骨が少しずつ溶けてしまう病気です。歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまうのです。つまり、虫歯もない健康な歯でも、その周りの骨が解けることにより最後には抜けてしまう恐い病気です。

日本人が歯を失う一番の原因が歯周病(歯槽膿漏)で、成人の80%が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病の進行

歯周病についてもっと知りたい!!~歯周病の種類~

歯周病は、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎(しにくえん)と、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が破壊される歯周炎(ししゅうえん)に分けられます。世間一般で言われている歯槽膿漏(しそうのうろう)は、成人性歯周炎をいいますが、歯周病には、その症状、病態によっていろいろな種類があります。

歯肉炎

歯肉のみに炎症が起きているもので、歯周病の一歩手前の歯科疾患です。原因は歯垢。歯垢の中には細菌がたくさんいて、その細菌が有害物質を出し歯肉炎が発症します。

歯周炎(歯槽膿漏)

歯肉炎の進行により発生する、歯を支持する組織(歯根膜や骨など)の炎症や感染を伴う歯科疾患です。

あなたは大丈夫?

  • 歯肉が腫れる
  • 歯肉から出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯がグラグラする

これらの症状があれば、歯周病の疑いがあります!!
歯周病は歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えます。
一刻も早く治療することが大切です!!

どうやったら歯周病を予防できるの?

歯周病の種類

歯周病を予防する為には、プラークコントロール、つまりプラーク(歯垢)を確実にきちんと取り除く事が最も大切です。

まだ歯周病がご進行していない方はケアーを受けていくことで、生涯歯周病から歯を守れます。そしてすでに歯周病が進行してしまっている方もあきらめずにケアーを受けていくことでその進行を止めたり遅らせたりすることができます。

また、家庭においても日々の正しいブラッシングが重要になってきます。「歯を磨いている」と「磨けている」とは全く別の事になります。正しいブラッシング方法をしていないと、毎日磨いていても歯垢はたまっていってしまいます。しっかりとしたブラッシング方法の指導を受け正しいブラッシングを実践しましょう。

歯周病に年齢は関係ありません、若くてもリスクの高い方もいらっしゃれば、お年の方でほとんど歯周病が進行していない方もおられます。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。当医院では最新設備を用い分かりやすくご説明いたします。

歯周病治療の流れ

STEP1 諸検査

骨破壊の状態、歯周ポケットの深さ、炎症の有無、プラークコントロールが出来ているかどうかの検査をします。

STEP2 治療計画

検査をもとにこれからの治療計画をご説明します。何でもご相談ください。

STEP3 スケーリング

歯についた歯石を「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取り除きます。歯石の付着度合いにより異なりますが、1~6回に分けて行います。

STEP4 歯周ポケットと出血の検査

炎症度合いが中度以上の患者様の治療

STEP5 スケーリング

歯肉の奥深い所迄、歯石が付着している場合に行います。ルートプレーニングを必要とするこの段階の歯牙は、既に強い毒素を持つバイオフィルムが形成されています。この治療により歯石除去とバイオフィルムの破壊を同時に行っていきます。

STEP6 歯周外科

歯周病が進行している場合は歯周外科処置も行います。

STEP7 定期的なPMTC

磨けていないとことを特殊な機械で磨きます。バイオフィルムの破壊に効果的です。人によって異なりますが、1~3ヶ月に一度行う必要あります。

[対象者]歯と歯の間をうまく磨けない方、舌側、奥歯の裏側等に磨き残しのある方。